みんなの海外取引ブログ

海外ビジネス経験3年以内の方へ「意外にやわらかく」お役立ち情報を提供します。

「 時事ニュース解説 」 一覧

日本経済の展望 ―2019年ミニバブル崩壊へのシナリオー (エコノミスト斉藤洋二)

世界的な株高に沸いてきた金融市場において日本経済に変調の兆しが見えているようです。

2018年世界の5大リスク (エコノミスト斉藤洋二)

激動の2017年を総括し、2018年のグローバルリスクを考察して頂きました。

中国とサイバー覇権 (エコノミスト斉藤洋二)

増え続けるサイバーテロの脅威 本年5月ランサムウエア(=身代金要求型ウイルス)の …

フィンテックと藤井4段とAI (エコノミスト斉藤洋二)

藤井聡太四段は中学生棋士としてデビューし、29連勝の新記録を達成した。中学生棋士 …

【TPP11とASEANの行方】アメリカ保護貿易化とアジア太平洋への影響 (エコノミスト 斉藤洋二)

アメリカの保護貿易化により、通商の枠組みは大きな曲がり角へ 5月26-27日シチ …

インド破産・倒産法施行(弁護士 瀧澤渚)

インドで新たに制定された破産・倒産法の解説記事です。

フランス労働法改正(弁護士 瀧澤渚)

週35時間労働,夏の長いバカンス。働く労働者にとっては夢のようにも思える制度を持 …

「明日から紙幣は使えません!」インドで実際起きた『紙幣ショック』(公認会計士 野瀬大樹)

先週11月8日夜8時、インドでは政府から突然発表がありました。 「500ルピー札 …

ブレグジット後の英国と国際社会の行方(エコノミスト 斉藤洋二)

英国では「Vote leave」と「Vote remain」のスローガンが叫ばれ …

イラン経済制裁解除後の原油相場、中東情勢の見通しとは?

経済制裁の解除が実現したイラン。制裁解除に伴い、市場としての期待が高まる反面、今後の動きによっては資源価格に及ぼす懸念など、期待と不安が入り混じっているようです。今回は、イランの動向を踏まえ、今後の原油動向や中東情勢の今後に関して考察していきます。

日銀によるマイナス金利導入の背景とその功罪とは? 

マイナス金利導入により景気浮揚を図ろうとする、日銀の黒田総裁。はたして、総裁の読み通り、日本の景気は良くなるのでしょうか?今回は、日本の歴史上初めて導入されたマイナス金利に関して考察していきます。

【時事ニュース解説】日本人が知らないスペイン・カタルーニャ独立運動~加速する欧州地方都市の国家分離

今、スペインは分裂のきざしを見せているのかもしれません。2015年10月28日、北東部カタルーニャ自治州の独立賛成派議員らが独立に向けた手続きを開始したと報じられました。一方、政府は憲法違反による無効として阻止する構えです。この地方都市の国家分離問題の背景をまとめました。

米国(アメリカ)の移民問題はどうなる?米国の移民政策について

建国以来一貫して移民を受け入れてきた国、アメリカ。移民の増加に伴い、国内では移民の受け入れに対する議論が激化している状況です。

2015年末の発足予定のASEAN経済共同体(AEC)が日本企業に与える影響は?

AECはASEAN版EUになれるでしょうか?ASEAN(東南アジア諸国連合)は、2015年末に「AEC(ASEAN経済共同体)」の発足を予定しています。これまでバラバラだったASEANが統合し、新たに1つの経済共同体となることによって、周辺各国の経済の活性化が期待され、日本に与える影響にも注目が集まっています。

アジアインフラ投資銀行(AIIB)と参加国それぞれの思惑【ASEAN,中東・中央アジア,ヨーロッパ】

アジアインフラ投資銀行(AIIB)とは、アジアのインフラ整備を目的に、中国が主導する国際金融機関です。今回はアジアインフラ投資銀行の参加国(ASEAN加盟10カ国、中東・アジア諸国、ヨーロッパ諸国)と各国の思惑についての考察をご紹介します。