海外ビジネス経験3年以内の方へ「意外にやわらかく」お役立ち情報を提供します。

みんなの海外取引ブログ

カントリーリスク

グローバル

仮想通貨は詐欺か革命か ―デジタル通貨の将来性についての考察―

仮想通貨の今後を占います

アメリカ グローバル その他アジア

トランプ大統領の東アジア戦略について ―米中貿易戦争および朝鮮半島非核化の行方― (エコノミスト斉藤洋二)

米国トランプ大統領の東アジア戦略から日本への影響を考察します。

グローバル その他アジア

日本経済の展望 ―2019年ミニバブル崩壊へのシナリオー (エコノミスト斉藤洋二)

世界的な株高に沸いてきた金融市場において日本経済に変調の兆しが見えているようです。

グローバル

2018年世界の5大リスク (エコノミスト斉藤洋二)

激動の2017年を総括し、2018年のグローバルリスクを考察して頂きました。

グローバル

中国とサイバー覇権 (エコノミスト斉藤洋二)

増え続けるサイバーテロの脅威 本年5月ランサムウエア(=身代金要求型ウイルス)のワナクライ(WannaCry)に多数の国際企業が感染し、被害総額は90憶ドルに及んだと推定されている。このウイルスはウク ...

グローバル

【TPP11とASEANの行方】アメリカ保護貿易化とアジア太平洋への影響 (エコノミスト 斉藤洋二)

アメリカの保護貿易化により、通商の枠組みは大きな曲がり角へ 5月26-27日シチリア島タオルミナで先進国首脳会議(G7サミット)が開催された。ある程度予想されていたとはいえ「米国第一」を掲げ保護貿易主 ...

アメリカ グローバル

トランプフィーバーはいつまで続くか(エコノミスト 斉藤 洋二)

昨年11月9日の大統領選でトランプ氏が勝利して以来2か月が経過したが、市場では1月20日の政権発足を前に大型減税とインフラ投資を柱とする経済政策である「トランプノミクス」への期待が一段と高まっている。 ...

アジア その他アジア

日本企業の直面するトラブル4:高額な社会保険料(公認会計士 野瀬大樹)

今回は、今インドの日系企業の間でホットな話題でもある「社会保険料」がテーマです。2016年10月より、日印社会保障協定が発効することになりました。これにより従来非常に過重であった日本人駐在員の現地での ...

アメリカ アメリカ合衆国

【5分で解説】アメリカ大統領選挙がもたらす5つのリスクとは?(エコノミスト 斉藤洋二)

あと1ヶ月にせまったアメリカ大統領選挙。連日、両陣営による白熱する議論が報じられています。選挙の結果は世界経済にどのような影響を与えるのか。人気エコノミストが解説します!

アジア その他アジア

日本企業の直面するトラブル3:ローカル企業相手の債権回収(公認会計士 野瀬大樹)

前回まではインドの税法を中心にお話ししたのですが、今回はもっと差し迫った問題、「債権回収について」です。 自動車部品会社のように、取引のほとんどが親会社など日系企業であればよいのですが、12億人を超え ...

アジア その他アジア

仕事の間に見える「カースト」の問題(公認会計士 野瀬大樹)

インドで商売をしていると必ずと言っていいほど日本人の方から聞かれる質問の一つが、「カーストって今でも本当にあるんですか?」というもの。「本当に毎日カレー食べてるんですか?」という質問と双璧の、この「イ ...

アジア その他アジア

日本企業の直面するトラブル2:間接費コストの見誤り(公認会計士 野瀬大樹)

一回目の記事において「インドの税納付状況」および「間接税」について少し触れたのですが、今回はその間接税について解説したいと思います。 一回目の記事はコチラ→https://blog.conocer.j ...

アジア その他アジア

インド経済の実情と日印ビジネス発展の可能性(エコノミスト 斉藤洋二)

インドの人口は、現在約13億人と中国に次いで世界第2位であり、国連の世界人口推計によれば、2022年には世界で最大になると見られている。同時に、経済発展に連れて中間層の拡大も見込まれており、早晩世界で ...

アジア その他アジア

新興国における会計・税務周りの注意点(公認会計士 野瀬大樹)

・新興国における会計・税務周りの注意点 インドで日本企業の進出支援を行っている公認会計士の野瀬大樹と申します。インドでのビジネス経験を基に、新興国における会計・税務のポイントやインドで生活してきて気付 ...

アジア その他アジア

ブルネイ:TPP、イスラム金融への取り組み強化の背景とは?ASEANシリーズ【第10回】

ASEANの小国、ブルネイ。そのブルネイは、実は、「TPP」、「原油価格」、「イスラム金融」といった、最近注目のキーワードとも無縁ではないのです。今回は、そんな小国ブルネイの最近の動向と今後に関して考察していきます。

Copyright© みんなの海外取引ブログ , 2019 All Rights Reserved.