みんなの海外取引ブログ

海外ビジネス経験3年以内の方へ「意外にやわらかく」お役立ち情報を提供します。

「 グローバル 」 一覧

ブレグジット後の英国と国際社会の行方(エコノミスト 斉藤洋二)

英国では「Vote leave」と「Vote remain」のスローガンが叫ばれ …

第1章⑤海外企業信用調査レポートの見方(財務情報編)

企業概要を確認し、「定性的」にその企業の状況を把握したら、次は財務情報を分析する …

第1章④ 海外企業信用調査レポートの見方(企業概要編)

  2016/06/20    グローバル

  「ダン・レポート(世界中で最も利用されている海外企業調査レポート)を取得した …

英文契約書のいろは(弁護士 瀧澤渚)

はじめまして。このたびこちらで記事を書かせていただくことになりました、弁護士の瀧 …

【海外企業信用調査レポートの紹介③】エクスペリアン海外企業調査・統一評価レポート

海外企業の信用調査レポートには様々な種類があり、国ごと、調査会社ごとにその特徴やメリットが異なります。第三回は「世界統一の倒産確率を提供する」なエクスペリアンジャパン社の信用調査レポートについてご紹介します。

第1章③ 取引先の信用調査

  2016/06/02    グローバル

前回までで、与信管理の重要性や情報にも種類があり、それぞれ特徴があることを学んできました。今回は、近年増加する新興国での取引における信用調査について学んでいきたいと思います。

【海外企業信用調査レポートの紹介②】コファス海外与信調査レポート

海外企業の信用調査レポートには様々な種類があり、国ごと、調査会社ごとにその特徴やメリットが異なります。第二回は「中国・台湾企業の調査に便利」なコファスサービスジャパン社の信用調査レポートについてご紹介します。

第1章② 信用情報の収集について(間接情報編)

  2016/05/11    グローバル

今回は前回に続き間接情報に関して学んでいきます。間接情報を得る重要性と具体的な情報源について学んでいきましょう。

第1章① 信用情報の収集について(直接情報編)

  2016/05/11    グローバル

海外与信管理を学んでいくにあたってまずは、国内の与信管理との違いをおさえておくことが重要になってきます。本連載では、その違いをおさえた上で、具体的に「情報収集」について学んでいきたいと思います。

第0章 なぜ与信管理を学ぶ必要があるのか?

  2016/05/11    グローバル

世界的に不透明さを増す世界経済。そのような中、企業活動における与信管理の重要性が見直されてきております。連載初回の今回は、与信管理とはどのようなもので、なぜ学ぶ必要があるのかについて見ていきましょう。

イラン経済制裁解除後の原油相場、中東情勢の見通しとは?

経済制裁の解除が実現したイラン。制裁解除に伴い、市場としての期待が高まる反面、今後の動きによっては資源価格に及ぼす懸念など、期待と不安が入り混じっているようです。今回は、イランの動向を踏まえ、今後の原油動向や中東情勢の今後に関して考察していきます。

韓国による中国接近の背景とは?東アジアシリーズ【第3回:韓国編】

中国との距離を急速に縮める韓国ですが、その動きの背景には何があるのでしょうか?今回は、歴史的な背景を踏まえながら、韓国の最近の動向を見ていきましょう。

南アフリカは本当にBRICSの一角たりうるか?新興国リスク【第10回】

金を筆頭に豊富な資源を持ち、BRICSの一角としても存在感が増す資源国、南アフリカ。現在の資源価格の低迷の中、その南アフリカはどのような状況にあるのでしょうか?今回は資源安下の南アフリカにフォーカスしてみましょう。

【海外企業信用調査レポートの紹介①】ACPレポート

海外企業の信用調査レポートには様々な種類があり、国ごと、調査会社ごとにその特徴やメリットが異なります。第一回は「早くて、安くて、便利」なACP社の信用調査レポートについてご紹介します。

新興国リスク【第9回】未来の大国、ナイジェリア。その成長の条件とは?

2050年にはアメリカの人口を抜くと言われている産油国ナイジェリア。将来への期待が高い一方、原油依存の産業構造のため、最近の原油価格の動向は非常に気になる所です。今回はそんなナイジェリアについて見ていきましょう。