みんなの海外取引ブログ

海外ビジネス経験3年以内の方へ「意外にやわらかく」お役立ち情報を提供します。

機能追加のお知らせ!カントリーランク推移の確認機能をリリースしました

   

コノ美
そもそも、カントリーランクって何?
コノ助
まずはそこから解説します。

 

いつもコノサーをご利用いただき誠にありがとうございます。

今回は【カントリーランク推移の確認機能】について解説します。

コノサーの概要紹介はコチラから>>

カントリーランクとは何か?

コノ助
カントリーランクは、コノサーから法人会員に開示・提供している指標の一つで、大手格付機関が公表している格付等を参考に、各国を 4 段階に区分しているものなんだ。
コノ助
カントリーランクが低いということは、その国が金融債務を履行する能力が低い(デフォルトが発生する可能性が高い)と、格付機関が評価していると言えるね。

 

カントリーランクの表示イメージ

cnc_006_1

カントリーランクの詳しい解説(詳細は画像をクリック!!)

cnc_006_2

コノ美
なるほど!C1~C4の4つの区分で、各国のリスクレベルが大枠で把握できるのね。
コノ助
その通り。海外取引においては、国のリスクもチェックが不可欠な要素の1つなんだ。

 

カントリーランクの推移

コノ美
今回の新機能では、そのカントリーランクの推移がどのように見えるの?
コノ助
基本的には、以下の画像のような『時系列の表』の形で確認できます。(四半期単位、2年間分)

 

カントリーランクの推移表

cnc_006_3

参照したい国のチェックボックスにチェックを入れて登録

cnc_006_4

 

コノ美
あれ?画像の表だと、矢印が付いているけど、前後の区分が変わっていないものもあるよ?これはどういうことなの?
コノ助
元々大きく4つの区分に分類しているので、例えば分類上は同じC3でも、各大手格付機関の指標が下降トレンドである場合は下向きの矢印が付く仕組みなんだ。
コノ美
なるほど!ずっとC3でも、各格付機関の評価が下がってきている場合があるのね!
コノ助
その通り。もし取引の対象国でランクが下降トレンドだった場合は、その国の動向について、細やかに調査することをお勧めします!是非、当機能を活用してください!

 

海外取引リスク管理クラウドサービス「CONOCER(コノサー)」について、詳しくはお気軽に弊社までお問合せください。

お問い合わせ2

 

【 メルマガ「コノサー・ニュースレター」読者募集中 】

⇒海外の重大な情報を見逃していませんか?≫メルマガの詳細はこちら

 

 

 - コノサー , ,