海外ビジネス経験3年以内の方へ「意外にやわらかく」お役立ち情報を提供します。

みんなの海外取引ブログ

グローバル

【インコタームズ CIFとCIPの保険内容】CIFとCIPの違いは? 気をつけることは?

投稿日:

海外マーケティング支援を行っている合同会社トロの芳賀 淳です。

FOBやFCAと同じようによく使われるCIFやCIP。売り手と買い手の責任範囲が、貨物を船の甲板に積込んだ時点か(CIF)、運送人に引き渡された時点すなわちコンテナヤードに搬入された時点か(CIP)か、であることはFOB/FCAの関係と同様です。

これに加え、インコタームズ2020ではCIF/CIPのIの部分、外航貨物海上保険(以下では保険)についても規定しています。CIFとCIPで微妙に価格差が生じる可能性があります。

実務で何をどのように行えばよいかをこの場で確認しておきましょう。

CIFは貨物が甲板に積み込まれるまで、CIPはコンテナヤードのゲートを通過するまで

 

 

売り手と買い手の責任範囲はFOB/FCAと同様

前回、FOB/FCAにおける売り手と買い手の責任範囲について説明しましたが、CIF/CIPについても同様です。上図を再度確認してください(FCAをCIP、FOBをCIFと読み替えてください)。

ただし、CIF/CIPの場合はI=Insurance保険を売り手が手配しているので、貨物損害の場合、次項のように補償される範囲が広がります。

 

FOB/FCAやCFR/CPTではなくCIF/CIPにする場合の補償メリット

違いは保険(外航貨物海上保険)にあります。売り手が保険をかけることで原則として売り手倉庫から買い手倉庫までが保険対象範囲となります。

FOBとCFRでは輸出国のコンテナヤードにおける損害は輸出FOB保険でカバーする必要があり、FCA/CPTは売り手倉庫(工場)からコンテナヤードまでの区間の損害対策を考える必要がありますが、CIF/CIPはその区間が保険でカバーされます。

CIF/CIPで掛ける保険は「外航貨物海上保険」ですが、輸出FOB保険は「内航貨物海上保険」なのでオールリスク保険であっても地震や津波による損害は免責となることに注意です。輸出FOB保険における地震特約については取引のある損害保険会社と相談ください。CFR/CPTの場合の保険は買い手が掛けるので、船積み前の損害が補償される保険を掛けるよう伝えておくのが良いでしょう。

CIF/CIPの保険でも地震に対する補償のない場合があるので、取引のある損害保険会社と相談ください。

 

CIFとCIPで違う保険

本当ですか?

本当です。インコタームズ2020で次のように定められました(根拠はインコタームズ2020 Ⅸ-(C)-70)。

CIFでは、ICC-(C)約款の保険、すなわち最低の保険補償とする。

CIPでは、ICC-(A)約款の保険、すなわち最高の保険補償(特約を含まず)とする。

インコタームズ2010ではCIF/CIP共にICC-(C)約款での保険だったので、インコタームズ2020においてCIFは変更なし、CIPは保険料の引き上げを伴う、ということです。

インコタームズ2010で計算したCIPをそのまま続けている業者さんは、保険料を最新の条件で計算しなおすのがよいでしょう。

CIFとCIPの保険約款を分けた背景には、CIFで取引される貨物は在来船によるもの(資源鉱石など)、CIPはコンテナ輸送によるもの、という違いから、コンテナ輸送される貨物への補償を厚く、買い手の利益を配慮したため、とされています。

もちろんインコタームズは法律でも条約でもないので、売り手と買い手の両当事者が合意すれば、CIFにおいてICC-(A)約款の保険、CIPにおいてICC-(C)約款の保険を掛けることに制限はありません。

再度ICC-(A)(B)(C)の内容を確認しておきましょう。

外航貨物海上保険ICC-(A)(B)(C)の補償について
https://www.ms-ins.com/business/cargo/gaiko/assumption.html

次回は、売り手と買い手の権利と義務、特に費用負担について説明します。FTA/EPA原産地証明書の費用はどのように処理していますか?

 

まとめ

輸出側の船積み前に発生する事故や損害を補償するため、輸出FOB保険だけでなくCIFやCIPも検討します。CIF/CIPの保険約款の違いを理解し、保険料を再度計算しましょう。

 

【プロフィール】 
合同会社トロ 代表社員 芳賀 淳(はが あつし) 

大手総合電機、精密機械メーカーにてベトナム他での海外販路開拓や現地法人設立などの海外業務に携わった後、合同会社トロを設立。豊富な海外業務・貿易実務経験を活かしたコンサルティングサービスを、ジェトロや中小機構などの公的支援機関および民間企業向けに提供している。 

URL: https://sub.toro-llc.co.jp/ 

-グローバル
-, ,

Copyright© みんなの海外取引ブログ , 2022 All Rights Reserved.