みんなの海外取引ブログ

海外ビジネス経験3年以内の方へ「意外にやわらかく」お役立ち情報を提供します。

【メジャーアップデート】取引先管理機能、取引先情報データ化機能を追加しました

      2016/07/22

コノ助
コノサーに新たに「取引先管理機能」が追加されました!
コノ美
これまでとどこが違うの?
コノ助
管理機能の全体像から説明するね。

 

いつもコノサーをご利用いただき誠にありがとうございます。

コノサーでは頂いた要望等をもとに、アジャイル的に機能追加を行っています。今回は新しい【取引先管理機能】について解説します。

コノサーの概要紹介はコチラから>>

「取引先」と「取引チェック」に機能分化

コノ助
これまでは「取引」というデータ単位に集約されていた各種機能が、「取引先」と「取引チェック」という2つの機能に整理されました。

 

「取引先」情報の履歴蓄積、データ化と、「取引チェック」によるリスク分析

cnc_005_1

「取引先」機能、「取引チェック」機能への入り口

cnc_005_2

コノ美
リスク管理上でウエイトの大きい「取引先」について情報を履歴蓄積できるのね。
コノ助
その通り。調査レポート等の情報購入等も、取引先データから行えるようになったんだ。

 
「取引先の詳細」ページにデータタブを設置

cnc_005_3

コノ美
調査レポートの購入や格付算出は、これまでとほとんど操作が変わらなくて安心したわ。
コノ助
過去のレポート等もこのデータタブの中に履歴で蓄積できるのは便利だね。

 

取引先情報のデータ化

コノ美
「取引先の詳細」ページの基本情報タブでは、いったい何ができるの?
コノ助
調査レポートなどで収集した取引先の情報を、属性項目ごとにデータの形で保存・蓄積できるようになったよ。

 

基本情報タブから調査レポートデータを転記・保存

cnc_005_4

保存した調査レポートデータをPDFで出力・印刷

cnc_005_5

 

コノ美
取引先の情報をデータとして履歴蓄積するメリットって何があるの?
コノ助
以下のような点が挙げられるかな。

 

①十数ページ以上の調査レポート内容を2ページに集約して把握しやすくする
②取引銀行や商流など、取引先の変化を項目ごとに捉えやすくなる
③コノサーに保存した取引先の属性データをCSVなどの一覧で出力できる※
(※サポートデスクに依頼が必要)
 

コノ美
なるほど!CSVなどで出力すれば、自社のシステムや、Excel、Accessなどのツールに取り込んで活用出来て便利ね!
コノ助
コノサーで調査レポートを購入すれば、そのレポートのデータ入力作業を代行するサービスも行います!しばらくはキャンペーンで無料対応しますので、データ化機能を是非活用してください!

 

海外取引リスク管理クラウドサービス「CONOCER(コノサー)」について、詳しくはお気軽に弊社までお問合せください。

お問い合わせ2

 

【 メルマガ「コノサー・ニュースレター」読者募集中 】

⇒海外の重大な情報を見逃していませんか?≫メルマガの詳細はこちら

 

 

 - コノサー , ,