みんなの海外取引ブログ

海外ビジネス経験3年以内の方へ「意外にやわらかく」お役立ち情報を提供します。

韓国人と仕事をする前に押さえておきたい韓国ビジネスマナー

      2016/02/18

日本から3時間ほどで行くことができる国、韓国。
韓国へ出張に行ったり、韓国人と仕事を共にする機会がある方もいると思います。韓国は儒教の精神に基づくルールがあるため、日本とは異なるマナーが数多く存在します。
今回は、韓国人と仕事をする前に押さえておきたい韓国ビジネスマナーをご紹介します。

 6739-020-1

【韓国ビジネスマナーその1】あいさつ・名刺交換

韓国のあいさつは、お辞儀と握手で行います。6739-020-2

地位や年齢が下の者が先に頭を下げ、目上の者が手を差し伸べるまで待ちます。握手を交わす際は、左手を添えるとより丁寧なあいさつとなります。

日本と同様に、韓国のビジネスシーンでも初めて会った人とは必ず名刺交換を行います。その際注意すべき点は、相手の役職や名前の読み方です。韓国人の名前は、日本人にとって読み方が難しいことが多く、発音も難しいです。そのため、名刺交換のタイミングで名前や役職の読み方を聞くと良いでしょう。

韓国は上下関係が非常に厳しいため、役職を知ることは韓国人と仕事をする際に重要になります。そのため名刺に書かれた役職はしっかり把握して、覚えるようにしてください。また、こちらから渡す名刺にも役職は必ず明記するようにしましょう。

【韓国ビジネスマナーその2】肩書き

6739-020-3韓国は儒教の国であるため、年長者や目上の人を大切にします。韓国人と仕事をする際、上下関係は最も注意を払うべきポイントの1つです。日本とは違い韓国の会社では、外部の人に自分の会社の上司を説明する際でも敬語を使用します。

例えば、商談中相手が自分と同程度の役職であっても、年上だった場合は常に敬意を表すことを心掛けてください。

また、相手を呼ぶ際は必ず敬称を付けます。日本語の「様」にあたる言葉は、韓国語で「任(ニム)」です。相手を呼ぶ際は「肩書き+任」または「名字+肩書き+任」と呼ぶようにしましょう。

【韓国ビジネスマナーその3】贈り物

6739-020-4お互いの交流を深めるため、贈り物は一般的に行われます。

こちらから贈り物を渡す場合、日本のお土産などが喜ばれますが、相手が年配の方の場合は日韓関係に対する感情を害する恐れがあるため注意しましょう。また、相手の家族にも贈り物をすることによって、より深い親しみを表現することができます。

グループ全体に贈り物を渡す場合は、上司と部下とで品物を変えましょう。グループの中で1番上の方に、最も高価なものを贈るようにしてください。

【韓国ビジネスマナーその4】接待

韓国では、接待や会食はビジネスの関係を構築するために必須であると考えられています。そのため、接待や会食でのマナーに注意しましょう。

座席の上座・下座のマナーは日本と同様です。入り口から最も遠い奥の席が上座です。1番目上の方が上座に座ったら、その周辺にホストが座るようにします。

お酒は、目上の方が飲み始めるまでは決して口をつけてはいけません。これは料理も同様です。また、韓国ではグラスにお酒が残っている際に注ぎ足すのはマナー違反になります。お酒を注ぎ足す行為は法事で行われる行為であるため、必ずグラスが空になってから注いでください。また、一般的に女性はお酌を行わないため注意しましょう。

韓国では、茶碗をテーブルから持ち上げて食べるのはマナー違反です。必ず置いたまま食べましょう。一般的にご飯やスープを食べる際はスプーンを使用します。

接待の費用については、お互いの体面を保つためどちらが支払うかと、話題に出されることもありますが、基本的には招待した側が支払うのが韓国でのビジネスマナーです。

おわりに

上下関係を重んじる韓国では、ビジネスマナーにもその影響が大きく反映されています。

日本人とは異なるマナーをもつ方と仕事をするという意識を常に持ちながら、相手の文化や考え方を尊重することが大切です。

韓国人と友好的で有意義な関係を保てるよう、韓国のビジネスマナーを事前に把握して接するようにしましょう。

 - アジア, その他アジア , , , ,